生活を始めるまでにかかる諸費用

カーテンは買い替える事が多い

注文住宅が完成しても必要なものが全く揃っていない状態なので、すぐに入居して生活出来る訳ではありません。新生活をスタートさせるにあたって、まず必要となるのが引っ越し費用です。旧居から新居へ家具や家電などを運ばなければならず、旧居と新居の距離が遠いほど、持っていく荷物が多いほど費用はかかります。また建て替えで注文住宅を建てる場合は、新居が建つまでは仮住まいする事になるため、賃貸料はもちろん、旧居から仮住まいへ、仮住まいから新居へと2回の引っ越し代が必要となります。

元々使っていた家具や家電を持ち込んで生活をスタートさせる家庭もあれば、引っ越しを機に新しい物を買い揃えていく家庭もあります。特にカーテンは窓の大きさによってサイズが違ってくるため、今まで使っていたものが使えないという事がありがちです。より光が差し込むよう、眺望を楽しめるよう窓のサイズを大きくしている家なら、既製品のカーテンではサイズも合いません。引っ越しをする前に窓のサイズを計測しておき、オーダーメイドで作って貰う事になります。お店にもよりますが、オーダーメイドカーテンは費用も高く、納期まで時間がかかるため、引っ越し日から逆算して注文しておく事も大切です。

諸費用は予算をオーバーする事が多い

せっかく新しい家を建てたのだから、家具や家電は全て新調したいという思いも出てくるかもしれません。生活に必要な家具や家電を見直してみると、家具ならダイニングテーブルやソファー、ベッド、キッチン棚などがあり、家電ならテレビやエアコン、冷蔵庫に洗濯機、シーリングライトなど様々です。部屋の数が多ければ家具や家電の数も増え、特にエアコンを全部屋設置しようと思えば、かなりの費用がかかる事になります。

注文住宅は大きな買い物だけに、つい金銭感覚も麻痺しがちです。加えて新しい生活が始まるという事に気持ちが大きくなり、諸費用も当初予定していた予算よりオーバーしてしまうケースが多いです。生活を始めるために必要となるお金は最低でも100万円、クオリティの高いものを選んでいくと200万300万と金額も上がっていきます。もし事前に予算の設計をしておくなら、ギリギリの費用ではなく、少し多めに見積もりをしておいた方が良いかもしれません。またもう一つ、気持ち良く新スタートを切るためにご近所への挨拶も必要です。一戸建ては向こう三軒両隣が基本で、ちょっとした手土産を持参して挨拶周りをしておく事で、ご近所とも良好な関係が築けるようになります。