注文住宅のデメリット

自由度の高さがデメリットにもなる注文住宅

自由度が高く自分好みな世界に一つだけの家を作れるのが魅力の注文住宅ですが、デメリットも存在します。最も大きいのが、入居までに時間がかかるという点です。建売であれば契約後すぐに入居することができますが、注文住宅はどんな家にするかを一から相談して何度も打ち合わせしながら設計してもらい、そこから建築に取りかかるので、家が完成して入居可能になるまである程度の期間が必要です。特別な要望があるほど、工期も長くなりがちです。

また、自由度が高く希望を実現できるとはいえ、予算の都合というものもあります。お金に余裕がありとにかく良いものを求めるという人はともかく、予算が決まっている人では要望を盛り込むことで予算オーバーとなることも珍しくありません。予算内にするなら優先する部分を決めてこだわりが低い部分はコストを抑えることが必要ですし、予算オーバーでも希望を実現したいなら支払いのことを考えておくことが必要です。さらに土地も必要な場合には土地探しやその支払いもありますし、住宅ローンや手続きなどで資金計画が複雑になりがちというのもデメリットです。ただ、こだわらずシンプルにすることでコストを切り詰めて安くすることも注文住宅では可能です。

注文住宅はイメージがつきにくい

注文住宅にはすべて自由に建てられるフルオーダーと、仕様がある程度決まっている中で希望を反映できるセミオーダーがあります。フルオーダーは資金だけでなく建築の知識も必要ですが、セミオーダーでも間取りや設備などは希望に応じたものにできるため、一般的な注文住宅ではセミオーダーを選択する人が多く、ハウスメーカー側もセミオーダーを提案することが多くなっています。ただ、建売の場合は実際の建物を見ながら生活のイメージを膨らませることができますし、モデルハウスを見に行くこともできますが、全く同じものが存在しない注文住宅の場合は、図面に慣れていない人だと実際のイメージがつきにくいというデメリットがあります。

希望を盛り込み完成予想図を見て十分な広さも確保できたと思っていたのに、住んでみると違和感があるとか思ったより狭かったということも、建ててみないと実際に確認できない注文住宅では起こります。そのため、注文住宅で後悔しないためには、打ち合わせをしっかりして分からないことはきちんと聞いて納得することが大切です。また、実際に暮らす家族全員のこと、特に主婦や主夫など家を最もよく使う人の意見を尊重することも、失敗しない家づくりには大切です。