注文住宅のメリット

注文住宅なら理想の家を手に入れられる

注文住宅は、自由で希望にぴったりの家を作ることが可能なのが大きなメリットです。誰でも使えそうな無難な設計で似たようなものが多い建売住宅ではなかなか実現できない、外観や間取り、内装や設備などをこだわることができます。また、施主の好みや要望を反映することで、全く同じ家は他に無い、世界に一つだけの家になるというのも魅力です。見た目のおしゃれさだけでなく、生活スタイルや趣味に適した設計にしたり、飼っているペットのための設備を用意したりと、建売では探すのが難しい物件も実現できます。

また、自分の希望を反映して自分が考えながら作った家に住めるというのは、大きな充実感を得られます。理想の家が出来上がっていく様子を見るのは楽しいものですし、家に対する愛着も持ちやすくなります。さらに、注文住宅は家が建てられるプロセスも確認ができ、工事の現場をチェックして実際に施工業者と話したりすることも可能です。すでに完成している建売住宅では確認できない、壁の中など見えなくなる部分も建設途中なら見られますし、施主が現場を見に来る可能性があるという状態は施工業者の手抜き工事を防ぐのにも効果があり、大きなメリットと言えます。

注文住宅のメリットを活かすポイント

自由に好きなようにできるのがメリットの注文住宅ですが、場合によっては完成した家が思っていたものとは違ってしまうという失敗例も存在します。注文住宅のメリットを活かして理想の家を建てるには、失敗例を知ってミスを防ぐことも大切です。冷暖房効率の不十分さ、収納やコンセントの数の不足や位置の問題などはよくある失敗例ですが、実際に生活するにあたってストレスとなりやすい部分です。また、暮らしやすく生活動線がスムーズな家にするには、その家で暮らす全員の意見を反映すること重要ですし、将来のことも見据える必要があります。

コスト面ではとことんこだわってしまうとかなりの資金が必要になる注文住宅ですが、こだわりが特にない部分はグレードを下げるなどしてコストを抑えることで、予算の調整も可能です。もし予算が決まっていても、実現したいものの優先順位を決めておけば満足のいく家を建てることができます。また、本当に一からこだわって家を作るためにフルオーダーをする人もいますが、細かい部分まで全て自分で決めるのは難しいという人は、ある程度決められた中でこだわりを実現するセミオーダーならコストを抑えられますし負担も少し楽になります。